メール配信の必要性を考える

メールマーケティングの頻度が多い時

顧客を獲得するためには営業活動などが必要になりますが、個別に営業担当者が動く以外の方法がいろいろあります。その一つに電子メールを使った活動があり、メールマーケティングと呼ばれるときもあります。メールマーケティングの効果を知っているなら一定の規模で行うでしょうし、まだ経験が少なかったりノウハウがなかったりすると頻度も少なくなります。メールを使ったマーケティングをするときに便利なサービスにメール配信があります。自動的に必要な宛先にメールを配信できるので、計画的にたくさんのメールを配信する手間を大幅に減らせるメリットがあります。頻度が少なければあまりメリットが受けられないので、頻度が多くなってきたなら利用を検討すると良いかもしれません。

メールを送るタイミングが重要かどうか

電話でのコミュニケーションは相手が不在だと行えません。電話をかけた時に相手がコミュニケーションが取れる状態でないといけません。電子メールは相手が応答できるかどうかに関係なく送れます。相手の対応としては、送ってすぐ内容を確認してくれるときもありますし、気づかないときもあれば気づいても後から確認する人もいるでしょう。メールを使ってのマーケティングでは、送るタイミングが重要になるときがあります。あるタイミングで即時に送りたいときがあるものの、一般的なメールシステムだと即時に送れないときがあります。メール配信サービスは即時性があるので、タイミングが重要なら利用するメリットが大きいです。逆にタイミングを気にしないなら即時性のメリットは感じないかもしれません。