SNSが全盛期を迎えている現代でも、メール配信を行うメリットは十分にあると考えられます。一方で、メール配信は手間がかかり、その効果測定が難しいのが課題です。効率的かつ戦略的にメール配信を行うには、メール配信システムの活用を考えてみましょう。

メール配信のメリット

メール配信の必要性を考える

顧客を獲得するためには営業活動などが必要になりますが、個別に営業担当者が動く以外の方法がいろいろあります。その一つに電子メールを使った活動があり、メールマーケティングと呼ばれるときも…

SNSマーケティングとの違い

現在の社会では、ネット環境が整備されたことやスマホやパソコンの普及で、個人間のコミュニケーションはSNSが主流となっています。個人が情報を発信し、知らない人とでも共通の趣味などで繋がるこ…

メール配信の課題とは

改善を続けたい配信頻度

通販サイトや情報サイトでは、会員登録している人を対象にメールで情報を発信する例がめずらしくありません。適切なタイミングで配信できれば、見込み客をサイトに誘導して利益をもたらす期待が持てます。しかし、サイトへのアクセスを増やしたいからといって、メールの配信頻度が高すぎると逆効果になるおそれがあるので注意しましょう。あまりにメールが多すぎると、わずらわしく感じられてしまうこともあります。逆に少なすぎると「役立つ情報源ではない」と解釈されたり、忘れられたりする可能性があります。ちょうどよい配信頻度の見極めはなかなか難しく、正解はないのが実情です。頻度のほか、メール1通の情報量(文字数)も読者の心理に影響するので、試行錯誤を重ねましょう。

タイトルの重要性は本文に勝るとも劣らない

メールで情報発信を行う場合、最重要ともいえるのはメールのタイトルです。読者に「自分には関係ない」とか「つまらなそう」と解釈されたら、本文を読まずに削除されてしまうおそれがあるからです。メールの内容を適切に表現しつつ、興味を引きそうなタイトルを心がけてください。たとえば通販サイトの場合、「セールのお知らせ」ではシンプルすぎてインパクトがありません。商品名や「最大50%オフ」など具体性のある情報を盛りこむと本文が読まれる可能性が高くなります。本文を読ませたいあまり、読者に勘違いさせたり、過度に期待させるようなタイトルは避けましょう。不信感を覚えた読者は離れてしまう可能性があります。本文の編集と同じくらいの時間をかけてタイトルを考案しましょう。

配信システム

メール配信の必要性が理解できても、実際の運用となるとさまざまな課題が立ちはだかるもの。そんなときに頼りになるのが、メール配信システムの存在です。配信システムを利用するメリットや導入コスト、利用方法について知れば、現実に導入したときの姿がイメージしやすくなります。

メール配信システムとは

販売などの事業をするうえで、商品やサービスの宣伝は欠かせません。特にネット通販などにおいては、自社の通販サイトなどに顧客を誘導することができなければ、商品やサービス自体にふれてもらうこと…

配信システムを利用するメリット

多くの人に宛てて一斉にメールを送りたいとなった場合、手動で送信するには手間もリスクも大きいものです。自力であて先を入れていくと重複してしまう可能性もありますし、BCCに入れるつもりがCCに…

導入にかかるコスト・利用方法

メール配信のシステムを構築するために掛かるコストは、品質によって大きく異なるため、ビジネスの目的に合わせて必要なシステムを選ぶことが大切です。特に、メールを使って自社内の商品やサービスの…